【ジュエルオーキッド・宝石蘭】アネクトキルス・ブレビラブリス

ブレビラブリス1

名称:アネクトキルス・ブレビラブリス

学名:Anoectochilus brevilabris

特徴

深緑色ベースの葉にシルバーと若干赤みがかったラメが入ります。葉脈は大きくなっても控えめな印象の模様をしています。落ち着いた印象の本種はコレクションとして楽しめそうな一種です。

育成方法

アネクトキルスの中でも丈夫な部類のジュエルです。比較的高温・多湿には弱い印象です。通常は常温・常湿で十分に大きく育ちます。光が弱いと間延びする傾向にありますので、カーテン越しの明かりなどで十分に光を与えてください。強い光は葉焼けなどを起こしますので注意してください。

広告

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】マラクシス・ローウィー

マラクシス1

名称:マラクシス・ローウィー

学名:Malaxis lowii

特徴

葉は柔らかく全体がメタリックカラーに染まります。非常に美しく観賞価値の高いジュエルです。但し葉が柔らかいので油虫などに刺された部分が穴が開くなど、注意が必要です。

育成方法

神経質なジュエルですが形状維持には注意が必要です。通常は常温・常湿で十分に大きく育ちます。虫などの影響をうけることが多いので注意がひつようです。強い光に弱いのでカーテン越しの光、もしくは日陰での育成をオススメします。直射日光などの強い光は葉焼けや枯れを引き起こしますので注意が必要です

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】シストーチス・バリエガータ

シストーチス1

名称:シストーチス・バリエガータ

学名:Cystorchis variegata

特徴

全体的な色合いは濃い緑色の葉にキリン柄のように薄緑が入るタイプのジュエルです。葉の表面はビロード状の肌触りで、表面がうっすら輝くタイプになります。絶妙な色合いをもったジュエルでは異色ですが非常に美しい種類の物になります。

育成方法

比較的高温・多湿状態にも強い印象です。培養する際密閉するときには注意が必要ですが、腐ることは比較的少いです。通常は常温・常湿で十分に育ちます。強い光にも強いですが、直射日光は避けてください。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】サルコレキシア ‘シーフォーム’

シーフォーム1

名称:サルコレキシア ‘シーフォーム’

学名:Sarcolexia ‘Sea Foam’

(Sarcoglottis sceptroides × Pelexia laxa)

特徴

ジュエルオーキッドのカテゴリーでは珍しいロゼット型のジュエルです。葉は柔らかく、緑色地をしております。葉の表面には銀色の斑が入りキラキラと輝いております。鑑賞ようでも良いですがコレクションアイテムにちかい印象です。

育成方法

比較的高温・多湿状態に強い印象です。常温・常湿で十分に大きく育ちます。直射日光は葉焼けなどを起こしますので注意してください。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】アネクトキルス・アルボリネアタス

アルボリネアタス1

名称:アネクトキルス・アルボリネアタス

学名:Anoectochilus albolineatus

特徴

深緑色ベースの下地に、レッドゴールドの葉脈が入るタイプのジュエルです。原種でありながらも非常に美しい種類です。一見落ち着いた印象ですが奥が深い育成する価値の高い人気種です。

育成方法

アルボリネアタスは比較的高温・多湿状態に弱い印象です。培養する際密閉するときには注意が必要です。通常は常温・常湿で十分に大きく育ちます。光が弱いと間延びする傾向にありますので、カーテン越しの明かりなどで十分に光を与えてください。直射日光だと葉焼け、枯れを誘発しますので気をつけてください。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】ルディシア・ライトニング

ルディシアライトニング1

名称:ルディシア・ライトニング

学名:Ludisia ‘Lightning’

(Ludisia discolor Ver alba × Ludisia discolor)

特徴

地色は緑色で葉は柔らかく細長い形状をしています。ゴールドないしレッドゴールド色の細い葉脈が葉に広がります。見た目も含めて繊細な印象のジュエルですが、華があり美くしいです。

育成方法

育成は容易な方です。比較的高温・多湿状態にも強く、常温・常湿でも十分に大きく育ちます。光にはあまり影響されない印象です。但し直射日光などの強い光は葉焼けなどを起こしますので注意してください。冬場は屋内の暖かい場所で管理してください。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】マコデス・ペトラ

マコデスペトラ

名称:マコデス・ペトラ

学名:Macodes petla

特徴

ジュエルオーキッドの代表といえる種です。

緑色の葉と葉脈に走るラメは見る人を魅了します。葉もかなり大きくなる本種は、育成もしやすく初心者向けのジュエルオーキットとしてもおすすめです。

育成方法

比較的高温・多湿状態にも強い種類です。培養する際密閉するときには注意が必要ですが、腐ることは比較的少いです。通常は常温・常湿で十分に育ちます。強光下でも強い種類ですが、直射日光は避けてください。だたちょっとした環境の変化で状態を崩しますので注意が必要です。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】ドッシノキルス・ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー1

名称:ドッシノキルス・ドリームキャッチャー

学名:Dossinochilus ”Dreamcatcher”

(Dossinia marmorata×Anoectochilus brevilabris)

特徴

深緑色ベースの葉に白色の葉脈が入ります。葉脈にはハッキリとしたラメが入ります。葉はビロード状になっており落ち付いた印象です。全体的にバランスがとれており美しい印象のジュエルです。

育成方法

比較的丈夫な印象の強いジュエルです。比較的高温・多湿状態にも強い印象です。ただし培養する際密閉するときには注意が必要です。通常は常温・常湿で十分に大きく育ちます。光が弱いと間延びする傾向にありますので、カーテン越しの明かりなどで十分に光を与えてください。強い光は葉焼けなどを起こしますので注意してください。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】グッディエラ・レペンス

ヒメミヤマ1

名称:グッディエラ・レペンス(ヒメミヤマウズラ)

学名:Goodyera repens

特徴

緑色のベースの葉に白色の模様が入ります。和名がヒメミヤマウズラと言うとおり、小型のミヤマウズラという印象です。大きくなってもあまり葉が大きくならないのが特徴です。

育成方法

丈夫な印象の強いジュエルです。比較的高温・多湿状態にも強い印象です。通常は常温・常湿で十分に大きく育ちます。光が弱いと間延びする傾向にありますが、光にはあまり影響されない印象です。但し直射日光などの強い光は葉焼けなどを起こしますので注意が必要です。

【ジュエルオーキッド・宝石蘭】マラクシス・ネモラリス

マラクシスネモラリス1

名称:マラクシス・ネモラリス

学名:Malaxis nemoralis (Crepidium nemorale)

特徴

シルクのような柔らかい葉が特徴的です。飼育条件によっては葉の表面全体にキラキラと光るラメのようなものが入ります。脇芽を出しますので増殖が可能です。上品な印象のジュエルで、葉が傷みやすい種類です。但し復活もさせやすいので、消滅することはあまりないかと思われます。

育成方法

比較的高温・多湿状態にも強い印象です。培養する際密閉するときには注意が必要ですが、腐ることは比較的少いです。通常は常温・常湿で十分に育ちます。強い光は苦手ですので、特に直射日光は避けてください。

葉が枯れても根が生きていると復活させやすい種類です。